コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品の材料となっているアクリルゴムの特性と用途

● 工業用ゴム製品に使われているアクリルゴム 我々の生活を縁の下で支えてくれている工業用ゴム製品ですが、その一つにアクリルゴム(ACM)があります。
アクリルゴムは、化学構造がアクリル酸エステル共重合体である合成ゴムの一種です。
特性としては、劣化に強く、耐候性や耐オゾン性があることでも知られています。
摩耗性や屈曲亀裂性についても問題ないとされています。
最高が180℃までであれば使用することができますが、耐炎性に関しては良好ではありません。
下限の使用可能温度は-15℃ですが、寒さには比較的弱いゴムです。
また、耐薬品性が低いこともデメリットのひとつでしょう。
しかしガソリンや軽油に耐える力が優れている点で重宝されています。
このように耐油性には優れていますが、アルコールやトリクレンなどの各種溶剤には弱いという一面もあります。
アクリルゴムは温度が高い状況において油に対する対抗力を発揮するので、フッ素ほどの高性能を求めないといった場合の高温環境で多く用いられています。

● 工業用ゴム製品に不可欠なアクリルゴムの用途 アクリルゴムの具体的な用途として挙げられるのは、日用品のホースやバルブシステムなどのほか、自動車のトランスミッションやクランクシャフトなどでしょう。
他に、シールの材料になったり、ガスケット、パッキンとして活用するケースもあります。
自動車関連分野で使用されることが多いゴムですが、土木事業でも多々活用されているものでもあります。
また接着剤としての利用や、被膜の役割としての活用も可能です。
アクリルゴムは、工業用ゴム製品の材料としての地位を確立しています。
工業用ゴム製品を製造する際に使われるゴムにはいろいろな種類がありますが、
アクリルゴムは知名度が高く、さらに高い耐熱性と耐油性が求められる傾向にある近年では、その使い勝手からますますニーズが高まる傾向にあります。
我々の身近に存在する工業用品の中で、アクリルゴム製品は意外に多くを占めているのです。

ページトップへ