コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品のOリングの材質・特徴

● 工業用ゴム製品のOリングって何? 水道管やガス管など、流体やホコリを密封するなどの気密性を要する部位に使用される環状のゴム製パッキンをOリングと呼びます。
Oリングは構造が単純で方向性が無く、広範囲の圧力に対するシーリング効果があるのが特徴です。
Oリングは、公共規格に沿って多くの種類があり、それぞれ用途ごとに適切な素材が選ばれます。
熱に強いもの、油に強いもの、圧力に強いものなど多くの特徴があり、それぞれの使用箇所に合わせて適切なOリングを使用しなければなりません。
工業用ゴム製品は多くの種類がありますが、目的別に適切な製品を選ぶことで、コストパフォーマンスを最大化することができます。
仕事でOリングを扱うプロであっても知識が十分ではない人が少なくないので、学んでおくことが大事です。

● 多くの素材がある工業用ゴム製品について まず一般的に使用されるのは、ニトリルゴムを用いて作られたOリングです。
この素材は安価であるため、水道管など日常の中で多く使用されています。
しかし耐候性が低いため、直射日光が当たると劣化が激しいことから、日光が当たらない場所でないと使用が難しい点がデメリットとなっています。
シリコンゴムは、熱、寒さなどの温度変化に強く、-100℃から250℃までの温度に耐えられるという特徴があります。
しかし物理的な耐久力については劣るため、大きな負荷がかかる箇所などに用いることは難しいでしょう。
そしてウレタンゴムは、Oリングなどの工業用ゴム製品の中でもとりわけ機械的強度に優れているため、激しい動きを伴う箇所に使用することが多いものです。
強度には優れるものの、水道管などにはかえって向かないのも特徴です。
このように、工業用ゴム製品、特にOリングには非常に数多くの種類があることがわかります。
それぞれに特徴は一長一短であるため、どの材質が良い、悪いということはできません。
施工現場や箇所によって適切に使い分けることが重要なので、各々の特徴を正しく理解した上で判断することが不可欠です。

ページトップへ