コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品のVリングの機能・材質

● 工業用ゴム製品のVリングの特徴 工業用ゴム製品には数多くの種類が存在していますが、その中でもVリング(Vパッキン)は特殊な形状をしています。
断面が円型をしたOリングや、断面がXの形状をしているXリングは、いずれも単純な形をしており、そのメリットや特徴がわかりやすいと言えるでしょう。
しかしVリングの場合、断面は単なるV字というだけではなく、少し複雑で、その形状のメリットがわかりにくいところもあります。
Vリングは、自動車のシャフトなどのように激しい回転軸での運動が行われる部分で使用され、ベアリング内のグリースなどを保持しつつも、水やほこりなどが入らないような形をしています。
これにより、設置部分から発生する摩擦力を極限まで低減させることができ、動力ロスを少なくするとともに、より長期間使用できるようにするのです。
特に回転軸で運動を行う箇所においては大きなメリットを発揮するパーツであり、非常に優れた機能を持つ工業用ゴム製品ということができるでしょう。

● Vリングの材質について 数ある工業用ゴム製品の中でも、Vリングには求められる条件が幅広く存在するため、使用環境や条件とシール機能のバランスを考慮して選びます。
耐薬品性、耐熱性、耐摩耗性などが求められるため、単純に一つの材質のみが優れているということはできません。
しかし最近では汎用ゴムとして多くの工業用ゴム製品に使用されているニトリルゴムの研究が進み、万能タイプのゴムとしてVリングにも使用されるようになりました。
特殊な環境下であればほかの材質も選択肢にあがってきますが、一般的な駆動部であれば、ニトリルゴムでも十分な性能を発揮します。
その他には、カルボキシルニトリル、クロロプレンゴム、エチレンプロピレンゴム、シリコンゴムなどが素材として使用されることも多くなっています。
新しい素材である水素化ニトリルゴムは、耐熱性、耐オゾン性に特に優れています。
これらの製品は一般には販売されていないことも多く、メーカーからの卸売によって販売されていることがほとんどです。

ページトップへ