コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品のバックアップリングの種類

● 工業用ゴム製品のバックアップリングの種類 業用ゴム製品としてOリングを使用する場合、Oリングが受け止める圧力とは別の横の向きから圧力がかかる場合、Oリングの位置がずれ、いわゆるはみ出し状態になってしまうことがあります。
工業用ゴム製品のバックアップリングの種類 はみ出し状態が発生すると、Oリングの耐久性が著しく低下するだけではなく、工業用ゴム製品として本来の役割を果たすことができなくなってしまうでしょう。
そのようなはみ出しを防止し、よりOリングの耐久性を補強するための補助部材が、バックアップリングなのです。
バックアップリングを装着することにより、Oリングがあらぬ方向へはみ出すことを防止することができます。
バックアップリングには大きく分けて三種類の形状があり、それぞれスパイラル、バイアスカット、エンドレスと呼ばれています。
これらの形状にはそれぞれ特徴があり、用いる部分などに応じて使い分ける必要があります。
それでは、バックアップリングの形状による特徴をそれぞれ見ていきましょう。

● 工業用ゴム製品のバックアップリングの特徴 まず、エンドレスです。
これは通常のOリングなどのように切れ目のないドーナツ状であり、耐圧性という意味では抜群の性能を持ちます。
また、値段も単純な構造の為安いのですが、切れ目がないため装着性が悪く、用いる部分を選んでしまうという特徴があります。
次にバイアスカットです。
これはエンドレスのリングの一部に斜めに切れ目を入れたもので、装着性に優れており、値段もそれほど高くありません。
しかしながら単純に切れ目を入れているだけなので耐圧性は低くなってしまいます。
そうした両者の弱点を補ったのがスパイラルというバックアップリングです。
これは切れ目の部分をらせん状にしたもので、装着性に優れていながらも、しっかりとかみ合うため耐圧性にも優れているのです。
複雑な加工になるため費用は若干高くなるという傾向があるでしょう。
このように、工業用ゴム製品は様々な種類と特徴を使い分ける必要があります。

工業用ゴム製品のバックアップリングの特徴

ページトップへ