コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品となっているヒドリンゴムの特性と用途

● 工業用ゴム製品にも使われるヒドリンゴムについて ゴム製品は現代社会において欠かせないもので、普段使用しているアイテムにもゴムは使われています。
ただしゴムと一言で言っても様々な種類がありまして、その中にヒドリンゴムもあります。
ヒドリンゴムは、エピクロロヒドリンゴムやエピクロルヒドリンゴムとも呼ばれるもので、エピクロロヒドリンゴムのIUPAC名は2-クロロメチルオキシランです。
このゴムの特性は、いろいろあるのですが、耐油性にとにかく優れているという点でしょう。
油を用いる環境で工業用ゴム製品を使用することは非常に多いので、耐油性があるというのはメリットですし、その他にも熱にも強さを発揮しますし、さらに耐熱老化性も持ち合わせていますから、熱を発するような環境でも容易に使うことができるでしょう。
メリットに関する特性は上記の他にも様々ありますが、デメリットもあります。
加工しにくいという点や使い続けていると劣化しやすいという点が難点だとされています。

工業用ゴム製品にも使われるヒドリンゴムについて

● 工業用ゴム製品となっているヒドリンゴムの用途について ヒドリンゴムを用いて作られる工業用ゴム製品といえば、チューブであったりホースなどが一般的でしょう。
チューブなどは様々な工業製品に活用されているので、ヒドリンゴムは意外とたくさんの製品で使用されているのです。
またそれだけではなく最近では、ヒドリンゴムを用いてスポンジ作りにも挑戦している企業もあり、この素材に対する期待の高さが分かるでしょう。
エピクロロヒドリンとメタクリル酸によって、新たな成分を作り出すこともでき、これはイオン交換樹脂の原料などとしても活用されています。
ヒドリンゴムをはじめとした数多くのゴムによって、現在の生活は支えられています。
ゴムはそれぞれ特性を持っていますから、それに応じた製品づくりが為されています。
工業用ゴム製品を語るうえで、ヒドリンゴムは欠かせない存在だと言えるでしょう。

工業用ゴム製品となっているヒドリンゴムの用途について

ページトップへ