コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品となっている多硫化ゴムの特性と用途

● 多硫化ゴムは工業用ゴム製品としても大活躍している 多硫化ゴムはあまり聞きなれないゴムですが、有機ハロゲン化合物や多硫化アルカリによって作られている合成ゴムです。
ゴムの比重は1.34-1.41となっており、数多くある合成ゴムの中でも特に歴史がある種類です。
合成ゴムは様々な物が作られているのですが、特に昔からあり多くの工業用ゴム製品として活躍してきました。
耐炎性はありませんが、耐老化性や耐オゾン性、そして耐候性などに非常に大きな強みがありますし、それらを活かすことができる環境で用いられているでしょう。
そして耐油性にも優れていて、油類を用いる場所で使用するホースの素材にもなっています。
油や薬品に対する耐性についての特性ですが、ガソリンにも強いですし、アルコールやケトンにも強いという特徴があります。
しかし多硫化ゴムは、有機酸や高濃度の無機酸には弱い特性も持ち合わせています。
多硫化ゴムの大きな特徴ともいえるのは、ニオイのキツさで、この影響もあり、使用用途は限られているようです。

多硫化ゴムは工業用ゴム製品としても大活躍している

● 多硫化ゴムはどういった用途で用いられているのか 工業用ゴム製品の材料にもなっている多硫化ゴムですが、これは油を中に通すような特殊なホースやパッキン、接着剤としても使用されています。
多硫化ゴムは工業用ゴム製品だけではなくて、接着剤の原料になっているというのも驚きで、その他にはコーキング材にもなっています。
そしてその他に、耐油性や耐オゾン性などが求められる環境で使う工業用ゴム製品としても使われており、今なお多硫化ゴムはメジャーな合成ゴムでしょう。
一般的な工業用ゴム素材だけではなくて、液状ゴムとして型取り用のゴムとして活用する例も多々あります。
多硫化ゴムもその他の合成ゴムと同様、万能性はありませんが、アドバンテージとなり得る部分は非常に多いですし、圧倒的な強みを発揮するので、これからも使用され続けることでしょう。

多硫化ゴムはどういった用途で用いられているのか

ページトップへ