コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品ダストシールの用途

● 工業用ゴム製品のダストシール 工業用ゴム製品のダストシールは、「ダスト」と名前につくように、塵や細かなゴミが機器内部に混入するのを防ぐ役割があります。
ダストシールには使用されている素材なども含めて多くの種類があります。
例えば、ニトリルゴムを使用することもありますし、フッ素ゴム、ウレタンゴムが素材として用いられることも多いものです。
ダストシールは基本的にゴム製で円形をしていることが多く、使用する機器などに応じて溝がついており、塵などの混入を徹底的に防ぐ機能を有しています。
ダストシールは、既製品を使用するケースもあれば、それぞれの用途に応じた形状のものをオーダーメイドして使う場合も珍しくありません。
マイナス30℃という極寒の環境から、80℃もの暑さの環境下にあっても問題なく使用できるタイプのものまで揃うダストシールは、工業用ゴム製品の中でも非常に重要で重宝な存在であることは間違いないでしょう。

● 工業用ゴム製品のダストシールの用途に関して 工業用ゴム製品のダストシールは様々なシチュエーションで使われており、幅広い用途を持っています。
主に油圧や空気圧のシリンダとして、さらにエアハイドロシリンダとしての用途も持ち合わせているので、船や農業機器のシリンダ、その他少々特殊なシリンダ類にも活用されています。
ダストシールは、上記のようにマイナス30℃から80℃までと幅広い温度帯で活躍できる力を持っているので、様々な機器類の保護用途でも活用されています。
ゴムの種類によっては油に面する場所でも使えますし、耐摩耗性が要求されるシーンでもタフに活躍できるのがメリットです。
ダストシールはその特性上、工業用機器で用いられることが多いものですが、それぞれが確実にその役割を果たしているところは、ゴム素材の開発技術の進歩の足跡を示すものでもあるでしょう。
工業用ゴム製品は、各種機器がきちんと動作するための役割を与えられていることが多いのですが、ダストシールもその例にもれず、取り付けられる場所や機器が異なっても、それぞれの場所で素材に応じた働きを担っています。

ページトップへ