コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品のメリット・デメリット

● 工業用ゴム製品が持っているメリットやデメリットについて あらゆる機器など、とにかく多くのものを作る際に使用されているのが、工業用ゴム製品です。
工業用ゴム製品が持っているメリットは様々あるのですが、それほど価格が高くないという点も魅力でしょう。
ゴムの種類によっては、コストが高くなってしまうわけですが、基本的にはゴム以外の素材に比べると安価で収まると思われます。
シリコンゴム、ウレタンゴム、ニトリルゴム、ハイパロンゴム、ヒドリンゴムなど、数えきれないほどの種類があるのも、工業用ゴム製品のメリットで、使われる環境に応じた特性を持ったゴムを作り上げることも可能です。
熱で熱くなりやすい部分には、耐熱性のあるゴムを、逆に冷たくなるところには耐寒性を有しているゴムを活用する、などできますから、ケースバイケースで使用しやすくなっています。
メリットはこれら以外にもありますが、こういったアドバンテージがあるおかげで工業用ゴム製品は様々なところで使われているのでしょう。
ゴムの種類は1種類しかない、と思っているかもしれませんが、そうではなくて多種多様なものがあり、常に研究開発も行われていて、新しい種類も登場しています。

● 工業用ゴム製品にはデメリットもある? 工業用ゴム製品はメリットが多いですが、逆に良くない点があることも事実です。
ゴム素材によって数多くの特性を持っているのは大きな強みでもあるのですが、特性に応じて、うまく使わないと最大限の効果を生むことはできません。
そして、耐久性が強い工業用ゴム製品はありますが、当たり前ですがあくまでゴムですから限界はあります。
デメリットといっても、連想されるのはこれくらいでしょうから、基本的には素晴らしい素材ですし、使用方法を間違わなければ大きな力を発揮してくれるでしょう。
工業用ゴム製品が、現代多くのところで使用されているというのは、多大なメリットがあるからに他ならないでしょう。

ページトップへ