コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品の製造プロセス

● 工業用ゴム製品はどうやって作るのか? ゴム製品によって支えられている、といっても過言ではない現代社会ですが、工業用ゴム製品が、どのような製造プロセスを経て作られているのかは知られていません。
まず把握しておきたいこととしては、ゴムといっても1種類しかないわけではなくて、シリコンゴムやニトリルなど多種多様なものがあるということです。
ゴムの種類によっても製造プロセスは変わってくるかもしれませんし、そしてゴム製品は多種多様な形をしています。
例えば、自動車用部品として活用される場合、使われる部分に応じた形でないといけません。
ケースバイケースではありますが、原料となるゴムを肩に流し入れて、必要に応じて圧迫などをすることによって製造されるでしょう。
機械のみで製造するのか、それとも人力を用いるかなど、状況によって製造プロセスは変わりますし、ゴム種次第でもあります。
工業用ゴム製品を見かける機会は多々あったとしても、その製造のプロセスを知る機会はなかなかありません。

● 工業用ゴム製品の製造プロセスは商品によって違う 工業用ゴム製品には、ゴムシートやパッキン、ベルト、タイヤをはじめかなり様々なタイプがあります。
ゴムシートですと切削する必要はないでしょうが、特徴的な形状をしているゴム製品を作るのであれば、切削などをするというプロセスも発生するでしょう。
ゴムには色付けされることも多いので、必要に応じて色を付けたりしなくてはいけません。
また、工業用ゴム製品が持っている特徴に応じて作り方も変わるでしょう。
例えば耐熱性に難点がある素材の場合は、それを補うことができるような工夫が凝らされるケースもあるかもしれません。
成型だけをするのではなくて、場合によってはゴムに印刷を施したり何らかの特殊加工をすることもあります。
工業用ゴム製品の種類は増えてきていますから、それに応じて当然製造方法も変貌を見せているので、プロセスは複数存在しています。

ページトップへ