コラム

お問い合わせ│メールでのお問い合わせはこちらです。

mail

日本バルカー工業株式会社│http://www.valqua.co.jp/

PERRY JOHNSON REGISTRARS, INC.|JAB認定シンボル

● 工業用ゴム製品に使用するゴムの選び方

● 新製品に適した工業用ゴムの機能 メーカーでは「新製品の製造に適したゴム素材を知りたい」と思っているケースもあるかと思いますが、使用する環境や目的によって、適したゴム素材は変わります。
ちなみにゴムの最大の特徴はその弾力(弾性)です。
弾性があるためにゴムは伸ばしたり、曲げたり、縮めたりと力を加えて変形させることが可能で、衝撃を受け止めるなどの役割も果たすことができます。
ゴムの弾性を知る基準に硬度があり、デュロメータという計測器を用いて測ります。
弾性は0~100までを数値で表すことができ、0は柔らかく、100は硬い状態です。
人の肌がおよそ10、消しゴムがおよそ35度、自動車タイヤがおよそ65度です。
ここでは工業用ゴム製品によく使用されるゴム素材とその機能についてご紹介します。

● 工業用ゴム製品の種類 工業用ゴム製品の種類は大きく分けて天然ゴムと合成ゴムがあります。
まず天然ゴムはゴムの木から採取した樹液を原料としたゴムです。
合成ゴムと比較すると高額となりますが、高い弾性と耐摩擦性を備えているため、医療機器など品質を最重視する製品の材料に使用されています。
天然ゴム以外を合成ゴムといい、合成ゴムには様々な種類があります。
合成ゴムのなかでも工業用ゴム製品の材料として需要が高い物にシリコーンゴムがあります。
シリコーンゴムは高い耐熱性と耐寒性があり、さらに耐油性もよいという理由から、数多くの工業用ゴム製品の材料に使われています。
さらに工業用ゴム製品の材料となっている合成ゴムにスチレンゴムがあります。
スチレンゴムは製造コストも高くなくて、加工も難しくないのが特徴で、あらゆる業界の工業用ゴム製品の原料として広く利用されています。
また、合成ゴムの一つにウレタンゴムがあります。
これは摩擦に強いためベルトコンベアなどに多く使用されています。
ウレタンゴムは水や湿気に弱く、そのような環境では劣化をしてしまうため、食品などのベルトコンベアの場合、乾燥した状態を保てる環境で使用します。

ページトップへ